ミッシェルジャパン株式会社

露点計 ・湿度計・ 酸素計・圧力計のミッシェルジャパン

お気軽にご連絡ください。
TEL.0422-50-2600
FAX.0422-52-1700
お問い合わせ
カタログダウンロード

ハイドロカーボン露点測定テクノロジー

ダーク・スポット光学原理

ミッシェル社のハイドロカーボン露点検出テクノロジーは、他の鏡面冷却システムと技術的に全く異なる、特許の”ダーク・スポット光学原理”を使用しています。 1ppm単位の感度は炭化水素が結露する時に表面張力が低くなる特性に注目し、殆ど目視不可能な結露時の膜を検出可能にしました。

光学センサー表面はセンサー部の重要部分であり、酸によりエッチングされた表面が「梨地―セミ・マット(半光沢)状」になっており、中心部が円錐状に窪ませてあります。 非常によく収束(平行)された可視赤色ライトがこの光学センサー表面に当てられます。

乾燥状態では、殆どのライト・ビームは光学センサー表面で乱反射され、リング状の光の輪を形成します。 光学検出器は乱反射された光の輪を検出します。 計測サイクル中にセンサー部が炭化水素ガス露点温度に冷却されると、光学センサー表面に炭化水素の結露が生じ、表面の光学的特性が変化。反射光線により作られたリング状の光の輪の密度が高くなり、中心の暗い部分(ダーク・スッポット)への乱反射光線が極めて少なくなります。

この非常に感度の高い二次的効果を利用し、炭化水素ガスの露点温度を決定します。

製品画像

このページの先頭へ