ミッシェルジャパン株式会社

露点計 ・湿度計・ 酸素計・圧力計のミッシェルジャパン

お気軽にご連絡ください。
TEL.0422-50-2600
FAX.0422-52-1700
お問い合わせ
カタログダウンロード

鏡面冷却式 (クールド・ミラー式)水分測定テクノロジー

製品画像
製品画像

鏡面冷却式(クールド・ミラー式)水分測定の動作原理

ミッシェル社の鏡面冷却センサーは、精密に研磨された金属表面がペルチェ式サーモ・エレクトリック・ヒートポンプにより、サンプル・ガスの露点温度に到達するまで冷却されます。露点温度に到達するとミラー表面に結露が生じます。

電気光学回路の可視赤色発光ダイオード(光源)と高感度フォト・ダイオード検出器(受光部)で構成されており、水分の凝結形成を検知します。光源から放たれた光はミラー表面で反射され、光の強さは減少します。鏡面ミラーからの赤色線反射密度の減少は装置制御回路にフィードバックされ、ペルチェ素子への冷却パワーを変化させます。

ミラー表面は結露と蒸発が均衡する状態に制御されます。この状態下のミラー表面温度(白金測温抵抗体使用により)がそのサンプル・ガスの露点温度となります。

製品画像

鏡面冷却式 (クールド・ミラー式)テクノロジーが選ばれるわけ

ミッシェル社は殆どのアプリケーションに適する露点計を製作しています。 なぜ、インピーダンス方式やプロセス分析方式より鏡面冷却(クールド・ミラー)方式が選ばれるのでしょうか?

感度
ミッシェル社の鏡面冷却方式はppb(1/1,000,000,000)感度を誇ります。
精度
コールド・ミラー・テクノロジーが0.1℃精度(S4000 Model)を実現します。
ドリフト・フリー
コールド・ミラー・センサーは常時一貫して計測を続行します。
校正
S4000は相対湿度・露点計測装置の校正にも使用でき、ミッシェル社全ての計器は国際標準にトレーサビリティが確立しています。
堅牢
ミッシェル社鏡面冷却式露点計は耐久性に優れ、製造プロセス現場にも適用しています。
最も基本的
露点計測における光学結露原理は何世紀にもわたり、ガス中の水分計測の最も基本的な方式として確立されています。

詳細はミッシェルジャパン(株)にお問い合わせわせください。

このページの先頭へ