ミッシェルジャパン株式会社

露点計 ・湿度計・ 酸素計・圧力計のミッシェルジャパン

お気軽にご連絡ください。
TEL.0422-50-2600
FAX.0422-52-1700
お問い合わせ
カタログダウンロード

信頼できる校正とは

定期校正の重要性

露点計に限らずいかなる測定機器も、信頼できる機関に対する定期的な校正が必要です。

新しく納入された機器には出荷時校正証明書を発行する事が可能ですが、これはその機器が使用される間ずっと、その性能を保証されているわけではありません。操作の誤り・異物や腐食性ガスの混入・センサーの経年変化・電気的変位を代表とする全ての要因は、時間の経過とともに測定器の計測値に変化をもたらす可能性があります。

それ故に、定期的な再校正を行うことは、露点計が正確に測定を行うための不可欠な条件となります。

自動校正の危険性

校正とは、誤解を与えやすい言葉です。厳密に言えば、機器の校正は既知のリファレンスと比較を行い、両者の差異を測定上の不確かさの評価と共に証明書に記載することです。
自動校正の危険性イメージ しかしながら、現在ではこの校正という言葉は、測定機器の計測可能範囲内での複数点において誤差を削減する様調整を行う事も含んだ意味で使われます。一部の露点計メーカーは”自動校正”という言葉を使い、ある一点(通常は常温)での調整が校正であると断言しております。ミッシェル社はこれは真実ではないと考えており、むしろ何も校正しないよりも危険性を増すものと考えています。

この”自動校正”は露点計の特性であるゼロ点・直線性・ヒステリシス等、重要な要因については考慮しておりません。計測器の品質の確かさを裏付ける唯一の方法は、先述のとおり既知のリファレンス基準と照合し、全測定領域で校正を行うことです。

推奨再校正期間

校正間隔は、使用している露点計の種類及び用途に左右されます。

一般的な基準として、静電容量式(インピーダンス式)においては1年毎の校正を推奨しております。 確度を要する用途や過酷な環境下で御使用になる場合は、校正期間はこれよりも短くなります。 鏡面冷却式(クールド・ミラー式)の場合はこれ以上であり、2年ないしそれ以上が基準となります。 この場合、2台以上の露点計により相互比較試験を定期的に行う事が理想です。

相対湿度計では最低1年毎の校正が必要ですが、特定タイプの湿度計では指示のずれは露点計より大きく出来れば6ヶ月程度の間隔での校正を推奨します。
校正・修理サービス 校正設備のご案内

このページの先頭へ